スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Project Cafe(Wii2/Stream)発売ソフト予測


任天堂の開発体制について密度の濃い分析を続けているKyoto Report。
次世代機Project Cafe/Wii2/Streamでの登場が期待できるプロジェクトについて推測記事を書いています

Newスーパーマリオブラザーズ Stream
情報開発本部 #4 / 木村浩之

コントローラーにストリーミング対応LCDスクリーンが搭載されるという噂に従えば、その機能を使用し得る巨大知的財産とはNewスーパーマリオブラザーズである。任天堂にとって、このゲームは世界的に壮大な財産となりものであり、多人数プレイの面でもスクリーンはゲームにとって最適なものとなる。理論上、今はプレイヤーは大きなスクリーン単体に縛られるが、競争したり、異なるルートを進んだりと、コントローラー上へも動く自由度が生まれる。ギャラクシーチームが3DS版で多忙なことから、Newスーパーマリオブラザーズチームが次世代機へと最初に取り組むことは道理にかなっている。

ピクミン3
情報開発本部 #4 / 木村浩之

木村浩之の企画チームによるもう一つのプロジェクトである。本プロジェクトはチームの少数によって非常に長い期間製作され続けられている。Wiiのプラットフォーム沈没から、輝けるHDの2012年登場に向かうことは自然と見受けられる。

Wii Relax
企画開発本部 #1 / 坂本賀勇

岩田聡は任天堂にとっての次なる大いなるプロジェクトとして、本作を喧伝した。残念ながら3年後も任天堂は何も見せてはいない。唯一確認できることは、開発は十分に進行中であり、プロジェクトの発売時用の名前も仕上がっていると見受けられることだ。なにが立ち止めていたのか?任天堂以外誰もそれに答えることはできない。バイタリティセンサーと、その裏にあるソフトウェアの双方が次世代任天堂家庭用機のロンチに近くの製品となる可能性もある。

ステージデビュー
情報開発本部 #5 / 杉山 直

GC-GBA連動期の犠牲者の一つであるこのプロジェクトは、宮本茂と澤野貴夫が任天堂で強力に推し進めていたものである。非常に野心的なプロジェクトであり、カードeリーダー+と未発売となったGameCubeカメラを使うものであった。ソフトウェアはユーザーがコントロールするバラエティステージショーと説明出来る。ブロードウェイミュージカルや映画のシーンをお気に入りの任天堂キャラクターやデベロッパー自身で作り上げることを想像してみてほしい。ユーザーは岩田聡、ピクミン、小島秀夫とヨッシーからなるシーンを作り上げる力を持つのだ。このプロジェクトはNintendo 3DSにとってより理想的とも思える。しかしこれもただの推測である。



Source: Kyoto Report

テーマ : 3DSゲーム、3DSニュース、3DS情報
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

意訳

Author:意訳
Nintendo 3DSの海外情報をひたすら訳して流しています
Twitter ID: iyaku3DS

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。